米国ETFの活用法(3)ドル建て資産のポートフォリオと銘柄選び

    

ドル建て資産のポートフォリオを構築するために米国市場のETFを使います。

米国市場のETFを使うと、自由自在なポートフォリオを組むことが可能になります。

価格が大きく下がったものを組入れるのもコツです。

スポンサーリンク

米国ETFにはこんな銘柄がある

米国ETFの対象として、具体的な銘柄をピックアップしました。

ポートフォリオを構築するときに仕分けしやすいように
・キャピタルゲイン重視
・インカムゲイン重視
・キャピタルとインカムの両方
と分けました。

分配金利回りは、過去12ヵ月の分配金利回り(2015年5月時点、税引前)。米国の証券会社は全ての銘柄を取引きできます。

国内取扱証券会社は、取り扱いの2社を記載しています。

SBI証券

マネックス証券

キャピタルゲイン重視

国や地域別の株価指数

ティッカー
対象
分配金利回り(%)
日本国内取扱い
DIA米国ダウ工業平均2.07SBI証券 マネックス証券
SPY米国S&P5001.89SBI証券 マネックス証券
QQQ米国NASDAQ1001.04SBI証券 マネックス証券
ACWI世界2.14SBI証券 マネックス証券
IEV欧州3.49SBI証券 マネックス証券
VWO新興国2.74SBI証券 マネックス証券

米国市場上場株式は成長を続けており、リーマンショック、ギリシャ危機、ユーロ危機と下落しても回復が早く、右肩上がりを続けています。DIAやSPY、QQQがこれに該当します。

ただし、これらは似た値動きをしますので、ポートフォリオの観点からは同一種類といってもよいでしょう。

世界に分散したACWIや新興国、欧州など地域を組み合わせることもできます。

国・地域別ETF一覧表

セクター別の株価指数

ティッカー
対象
分配金利回り(%)
日本国内取扱い
IXJGヘルスケア1.27
SBI証券 マネックス証券
IXCGエネルギー2.89SBI証券 マネックス証券
RXIG一般消費財1.59SBI証券 マネックス証券
IXGG金融2.28SBI証券 マネックス証券
JXIG公共事業3.67SBI証券 マネックス証券
IBBバイオ0.13SBI証券 マネックス証券

世界のセクター別の株式指数です。

セクターによって値動きが異なります。例えばエネルギーは、原油価格に大きく影響を受けます。

種類の異なる物をポートフォリオに組み込むことは、リスク分散の観点から重要です。

セクター別ETF一覧表

商品、資源、貴金属

ティッカー
対象
分配金利回り(%)
日本国内取扱い
IAU0SBI証券 マネックス証券
SLV0SBI証券 マネックス証券
USO原油 0
GSG商品全体0SBI証券 マネックス証券

品物の価格に連動するETFです。株式とは異なる動き、一般的には少し長いスパンで動きます。

レバレッジ銘柄

ティッカー
対象
分配金利回り(%)
日本国内取扱い
UDOW米国ダウ平均✕30.37
SPXLS&P500✕30SBI証券 マネックス証券
TQQQNASDAQ100✕30.04
EDC新興国株✕30SBI証券 マネックス証券
CUREヘルスケア✕30
RETL一般消費財✕30
ERXエネルギー✕30
TECLテクノロジー✕30
FAS金融✕30SBI証券 マネックス証券
DRN不動産✕30SBI証券 マネックス証券
LABUバイオ✕30
UGLD
金✕30
USLV銀✕30

レバレッジ銘柄をリストアップしています。レバレッジ銘柄をポートフォリオに加えることで現金比率を高めることができ重宝します。

日本国内の取扱いが少ないので、これらを組入れる場合は米国証券会社の口座開設が必要です。

スポンサーリンク

インカムゲイン重視

国別、地域別などの公債

ティッカー
対象
分配金利回り(%)
日本国内取扱い
IEF米国債2.02
SBI証券 マネックス証券
AGG米国総合債券2.3SBI証券 マネックス証券
VWOB新興国債券4.06SBI証券 マネックス証券
EMB新興国債券4.33
SBI証券 マネックス証券

米国市場には多数の公債のETFが上場されています。代表的なものをピックアップしています。

社債

ティッカー
対象
分配金利回り(%)
日本国内取扱い
LQD投資適格社債3.39SBI証券 マネックス証券
JNKハイイールド社債5.99SBI証券 マネックス証券
HYG ハイイールド社債5.39
SBI証券 マネックス証券
CEMB新興国社債4.13
EMHY新興国ハイイールド社債6.03
IHYGハイイールド社債
(除米国)
5.53
SBI証券 マネックス証券
PFF米国優先株6.05
SBI証券 マネックス証券

公債に比べ分配金利回りは高めのものが多いです。その分ボラティリティ(値動き)が大きくなります。

Mortgage Reit(モーゲージ・リート)

ティッカー
対象
分配金利回り(%)
日本国内取扱い
REM モーゲージ・リート12.88
MORTモーゲージ・リート9.74

Mortgage Reitは、住宅を中心とした不動産担保証券に投資するもので、米国では歴史がありますが、日本にはないReitです。高い利回りは魅力ですが、金利動向等により取引価格が大きく上下しますので、買い時には特に注意が必要です。

Master Limited Partnership(MLP)

ティッカー
対象
分配金利回り(%)
日本国内取扱い
AMLPMLP 6.65
ZMLPMLP8.99SBI証券 マネックス証券
YMLPMLP11.98

MLPは、マスターリミテッドパートナーシップの略称で、主に米国のエネルギー・インフラに関わる事業に投資し、資源の輸送料を収益として分配しています。

キャピタルゲインとインカムゲインの両方

分配金を得ながら、成長も期待できるメリットがあります。とはいえ価格の上下の方が支配的なので、買い時には注意が必要です。

好配当株

ティッカー
対象
分配金利回り(%)
日本国内取扱い
HDV米国好配当株3.37SBI証券 マネックス証券

Equity Reit(エクイティ・リート)

ティッカー
対象
分配金利回り(%)
日本国内取扱い
IYR米国不動産3.58
SBI証券 マネックス証券
VNQ米国Reit3.8
RWR米国Reit3.45
SBI証券 マネックス証券

資産配分と銘柄の選定については、コチラも参考にどうぞ ➡ 海外分散投資に使える低コストの米国市場のドル建てETFの銘柄を選ぶ方法

米国ETFを調べる方法については、コチラも参考にどうぞ ➡ Morningstarを使ってアメリカ市場のドル建てETF銘柄を調べる方法

 
◆ 次ページ 投資をする上での心構え
◆ 前ページ 米国ETFの活用法(2)

スポンサーリンク

ページの先頭へ

海外分散投資で資産を増やす方法トップへ

 

クリック応援お願いします!記事を書く励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ 国際分散投資へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 
関連サイト / 子育て費用の目安と資金対策
Copyright © 2014 海外分散投資で資産を増やす方法 All Rights Reserved.