ファーストレード証券 Firstrade Securities Inc.

    eyefig-11

ファーストレード証券Firstrade Securities Inc.は、
1985年設立のアメリカのネット証券です。

日本人でも日本に居ながら口座開設ができる数少ない米国の証券会社です。

米国の金融機関なので、日本の財政破綻や国債暴落の備えに効果あります。
人口減少と高齢化にともない日本経済が弱体化するなか
海外金融機関の活用はより重要になってきます。

スポンサーリンク

ファーストレード証券の活用のポイント

米国市場の全ての銘柄を取引きできる。

取引手数料が安い。1取引$6.95

・シンプルな作りで、画面が見やすく扱いやすい

・日本に居ながら口座開設ができ、初心者でも操作性がよく、取引しやすい

インタラクティブ・ブローカーズに加え、
海外にもう一口座開設する場合に適しています。

ただし、日本語情報、日本語窓口がなく、英語のみです。

他の証券会社との比較は、日本と米国の証券会社比較にまとめています。

ファーストレード証券の口座開設

ファーストレード証券のHPにアクセスし、
口座開設申し込みを行います。
https://www.firstrade.com/content/en-us/welcome

必要事項を入力し、ユーザー名・パスワードもここで設定します。
本人確認書類と住所確認書類をまとめファーストレード証券に郵送します。

後日申し込み内容の審査完了後に、
口座開設が可能となります。
入金後に取引が可能になります。

アメリカの証券会社は共同名義(Joint account)が可能ですが、
出金先の銀行口座も共同名義とする必要があります。

日本の銀行では共同名義の口座を開けませんので、
日本に居住して取引する場合は共同名義を選択することは
避けた方がよい
でしょう。

本人+配偶者の夫婦の共同名義の証券口座であっても、
国内の本人宛の銀行口座へ送金するには非常に手間がかかります。

具体的には、共同名義人と公証人役場に出向き、
出金用のWire Request Formに証明を受領する必要がありました。

公証人役場は所在地が限定されており、
訪問する労力・費用に加え、証書作成の手数料も必要になります。

スポンサーリンク

ファーストレード証券の入金方法(海外送金)

日本の証券口座に比べ、
米国の証券会社は入金に少し手間がかかります。

日本の証券会社の場合は、
証券会社の銀行口座(送金先)が日本国内の銀行ですので、
自身の日本国内の銀行口座(送金元)からの資金移動が
国内送金になり容易です。

米国の証券会社は一般的に、
証券会社の銀行口座(送金先)が米国の銀行ですので、
自身の日本国内の銀行口座(送金元)からの資金移動は
海外送金になり手間と高い手数料がかかります。

送金元の銀行が限定され、事前の為替取引が発生するなど
複雑になります。海外証券会社の入出金を参照下さい。

ファーストレード証券の取扱い通貨は米ドルのみです。
従って、ファーストレード証券への入金は、
米ドル建てで海外送金(BMO Harris Bank宛)する必要があります。

海外送金の場合は、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の
メガバンクやゆうちょ銀行など海外送金の取り扱いがある銀行口座を
開設する必要があります。それぞれ手数料や手続きが異なりますので、
各銀行のHP等で確認して下さいす。

シティバンク銀行(日本法人)に口座を開設すると、
海外送金の手数料が安く、手続きも簡単で便利です。

証券口座開設の際には、
日常生活で使用する日本国内の銀行口座から
入出金に使う銀行口座への資金の流れを考慮して、
金融機関を構築するとよいです

ファーストレード証券の米国株・米国ETFの取引

取扱い銘柄
ファーストレード証券は、米国の証券会社ですので、
世界一の米国市場に上場の銘柄、米国債、投資信託に投資できます。

手数料
1取引につき$6.95

売却時に現地取引費用として、
取引代金$1につき$0.0000221かかります。
これはどこの証券会社でも発生します。

米国証券会社でも安い手数料設定となっています。
取引あたりの手数料設定ですので、
取引金額が多い場合は、より割安になります。

口座維持費も無料です。

取引機能
取引は、指値注文、成行注文が可能です。

注文画面や口座管理画面が非常に見やすく扱いやすいです。

分からない点は、英文ですがチャットを使うことができます。
すぐに繋がり便利ですが、米国時間に日米時差に注意が必要です。
(2015年5月)

このページについての関連記事
日本と米国の証券会社比較
証券会社と銀行の組合せ
海外証券会社の入出金
なぜ米国市場・ETF・海外口座なの?

スポンサーリンク

ページの先頭へ

海外分散投資で資産を増やす方法トップへ

 
関連サイト / 子育て費用の目安と資金対策
Copyright © 2014 海外分散投資で資産を増やす方法 All Rights Reserved.