円建て資産の運用例と注意点

    

海外分散投資で、海外にドル建てで投資するといっても、円建て投資をしないわけではありません。

ドル建てと円建てそれぞれで運用し、それぞれ資産を増やします。

日本企業の株に投資するってこと?

円建て資産の運用といっても、イコール日本株ではありません。

ETFや投資信託を通して、日本資産に投資します。

あるいは投資資金がまだ少ない時は、円建ての投資信託をもちいて、外国資産に投資します。

円建て資産の運用について、すこし具体化してみます。関連ページのリンクを載せていますので、参考にしてください。

円建て資産には、
・円建て日本資産
・円建て外国資産
が含まれます。

円建て資産について

円建て日本資産とは、円で取引する日本の資産です。

日本の株や債券、REIT、それらを対象としたETF、投資信託などが相当します。

円建て外国資産とは、円で取引する外国の資産です。

外国の株や債券、REITなどを対象としたETF、投資信託などが相当します。

円建てで外貨との為替差益を狙うFX(外国為替証拠金取引)も、円建て外国資産の一つと考えてもよいでしょう。

このサイトでの円建て資産の定義については、コチラ ➡ ドル建て資産と円建て資産の違い

海外分散投資を実践するうえで、円建て資産を所有する目的には、次なようなものがあります。
・分散先の一つとして日本資産への投資
・少額や積立投資先に使える円建て外国資産への投資
・FX(外国為替証拠金取引)

スポンサーリンク

分散先の一つとして日本資産への投資

日本の株や債券、REITが主な投資対象になりますが、ETFや投資信託がおススメです。

日本の債券銘柄は、ETFにはなく投資信託にありますが、リターンが少ないうえ、海外分散投資の目的から不要といえます。

分散先の一つとして日本資産へ投資するときに注意することは、日本の資産への投資割合です。

日本の経済規模は世界の数パーセントしかありません。日本人という理由で日本資産(円建て日本資産)のウェイトを多くすることは、日本への集中投資を回避する目的から外れます。

ETFで日本資産に投資

TOPIXや日経平均株価に連動のETFがいくつ上場されています。信託報酬が安く、ある程度規模のある銘柄を選びます。またレバレッジ銘柄やREIT銘柄も上場されています。

一例として、
・コード1348 MAXISトピックス上場投信(三菱UFJ国際投信)
・コード1397 SMAM日経225上場投信(三井住友AM)
・コード1367 ダイワ上場投信TOPIXレバレッジ2倍(大和証券投信)
・コード1358 上場インデックスファンド日経レバレッジ(日興AM)
・コード1398 SMAM東証REIT指数上場投信(三井住友AM)

日本市場上場のETF銘柄については、東京証券取引所のサイトにリストアップされています。
http://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/issues/01.html

投資信託で日本資産に投資

TOPIXや日経平均株価に連動のインデックスファンドがいくつもあります。ETF同様に信託報酬が安く、ある程度規模のある銘柄を選びます。

一例として、
・MAXISトピックス上場投信(三菱UFJ国際投信)
・SMAM日経225上場投信(三井住友AM)
・SMAM東証REIT指数上場投信(三井住友AM)

日本で販売されている投資信託については、モーニングスターのサイトに多くの情報があります。
http://www.morningstar.co.jp/fund/

インターネットで投資信託の銘柄を調べる方法は、コチラ ➡ モーニングスターのサイトを使って円建て投資信託の銘柄を調べる方法

スポンサーリンク

円建て外国資産への投資

外国資産への投資は、ドル建て投資がおススメです。

ただし次のような場合は、代わりに日本国内の投資信託やETFをもちいて、円建てで外国資産へ投資する選択肢もあります。

・投資資金が少ない
・積立投資をおこなう
・分配金を円で受け取る など

国内ETFで外国資産に投資

米国などの株価指数に連動のETFがいくつか上場されています。

一例として、
・コード1557 SPDR S&P500
・コード1545 NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信
・コード1554 上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本

外国資産対象の投資信託

世界各国のさまざまな資産の投資信託が販売されています。多すぎて選ぶのが大変ですので、自分のポートフォリオ計画に沿って銘柄を選定することが重要です。

選択基準の一例として、
・口座開設している証券会社で取扱いしている
・購入可能単位が投資額に適している
・積立投資ができる(積立する場合)
・販売手数料や信託報酬の安いインデックスファンド
・ドル建て保有銘柄の補完や組合せ
・分配金利回りと分配余力
・信託期間が無期限

円建て外国資産の投資信託のおすすめ情報は、コチラ ➡ 海外分散投資に使える低コストのインデックス投資信託の銘柄を選ぶ方法

FX(外国為替証拠金取引)への投資

ドル建て資産と円建て資産に通貨分散をおこない運用を行いますが、ドルと円は別々に運用するので一度ドル転を行うと、為替変動の利益を積み上げることはできません。

為替や金利差益を狙う場合は、FXを資産に組み入れることもできます。

FXはハイリスク・ハイリターンの投資ですので、ポートフォリオ計画ではFXの割合を低く設定することが望ましいです。

FX投資については、別のテーマで記載したいと思います。

このページの関連記事

金融機関を選ぶポイント
証券会社と銀行の組合せ

 
◆ 次ページ 投資を見える化しよう
◆ 前ページ ドル建て資産の運用例

スポンサーリンク

ページの先頭へ

海外分散投資で資産を増やす方法トップへ

 

クリック応援お願いします!記事を書く励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ 国際分散投資へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 
関連サイト / 子育て費用の目安と資金対策
Copyright © 2014 海外分散投資で資産を増やす方法 All Rights Reserved.