ETNとは?

    

ETNとは、Exchange Traded Noteの略で、上場投資証券または指標連動証券と呼ばれる上場商品です。

米国の株式市場では、ETF 同様に活発に取引が行われています。

ETNは、ETFと同様にベンチマークとなる指数に連動する商品です。ETNには主に以下のような特徴があります。

・裏付けとなる現物資産を持たない (ETFは持つ)
・指数とのずれが発生しない (ETFは発生する)
・様々な対象指標にも連動が可能 (ETFより対象広い)

ETFと異なる大きな点として、ETNは発行体(金融機関)がその信用力をもとに、価格が特定の指数に連動することを保証する債券であるため、証券に対する裏付資産を持たないという特徴があります。

そのため、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETNの価格が下落する又は無価値となることがあります。

こうした発行体の信用リスクについては十分に留意する必要があります。

このページの関連記事

分散投資にかかせないETF
ETFと投資信託と株式の比較
圧倒的優位な米国ETF
米国ETFの活用法(1)

スポンサーリンク

ページの先頭へ

海外分散投資で資産を増やす方法トップへ

 

クリック応援お願いします!記事を書く励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ 国際分散投資へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 
関連サイト / 子育て費用の目安と資金対策
Copyright © 2014 海外分散投資で資産を増やす方法 All Rights Reserved.