分散投資にかかせないETF

    

ETFとは、「Exchange Traded Fund」の頭文字をとったものです。直訳すると「取引所で取引されている投資信託」をあらわします。日本では上場投資信託とも呼ばれています。

海外投資を実践するときに、ETFは欠かせない投資対象です。

一般的な投資信託と近いところもありますが、ETF特有のメリットもあります。

投資をする上で、投資対象がどんな仕組みのものか知っておくことは大変重要なことです。

よくわからないものに自分の大事なお金を投資することは、投機やギャンブルと同じになってしまいます。

投資信託とETFの違いを分かりやすくするために、簡単な図で表しました。

スポンサーリンク

投資信託とETFの違い


投資信託の仕組み

投資信託図


ETFの仕組み

ETF図


EFTは、
ETF運用会社が設計した株式や債券などの組合せに対応した「証券現物」を「指定参加者」と呼ばれる機関投資家から募集します。

「指定参加者」は拠出した「証券現物」に応じて受益証券を受け取り、これを取引所で売却します。これを一般の投資家が取引所で売買するというものです。

ETFは現物拠出であるため、ETF運用会社が解約に備えての現金を持つ必要がありません。

そのためベンチマークとする指数の動きを再現しやすくなります。

また、保有資産の中身が開示さてているので、透明性が非常に高くなります。

ETFの特徴とメリット

ETFの特徴

・追加設定・解約は現金ではなく現物で行う
・一般の投資家は取引所を通して売買する
・ベンチマークとの連動性が高い
・ファンド内部の透明性が高い
などがあげられます。

ETFは、現物に裏付けされた証券であり、透明性が高く、市場を通して取引するので簡単に売買できる証券です。

ETFのメリット

・分散投資が容易にできる
・取引コストが安い
・リアルタイム取引ができる
・指値注文やイフダン注文などさまざまな注文ができる
・信用取引が利用できる
などがあげられます。

更に次のページでETFについて詳しくご紹介します。

 
◆ 次ページ ETFと投資信託と株式の比較
◆ 前ページ 世界一の米国市場で投資する

スポンサーリンク

ページの先頭へ

海外分散投資で資産を増やす方法トップへ

 

クリック応援お願いします!記事を書く励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ 国際分散投資へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 
関連サイト / 子育て費用の目安と資金対策
Copyright © 2014 海外分散投資で資産を増やす方法 All Rights Reserved.