積立投資

    

積立預金という言葉は、なじみがある人が多いと思います。
毎月一定額を積み立てて預金します。

給与天引きや銀行口座自動振替などを利用することが多く、
手をわずらわすことなく、気分的にも楽に、着実に預金できます。


積立投資 も積み立てるという点では同じですが、
預金するかわりに、投資証券を購入する点が異なります。

一般的には投資信託を投資対象とします。

これは投資信託は定額で購入できるからです。

最低1万円から千円単位で購入できるものが多く、
最低千円から購入できる銘柄もあります。

なお、国内の株式やETFは、
・自動で毎月売買できない
・最低購入株数・口数があり少額投資に向かない
(米国市場は1口から買える)
という点で積立投資には向きません。

スポンサーリンク

積立投資の利点

積立投資の利点の一つは、積立預金と同様に
手をわずらわすことなく、気分的にも楽に、着実に投資できる
という点です。

また、投資には投資資金が必要ですが、
積立投資は、まとまった資金がなくともはじめることができる
という利点もあります。

もう一つ大きな魅力があります。
銀行預金はわずかな利息しかつきませんが、
投資信託は投資収益を得ることができることです。

もちろん投資ですからリスクをともないます。

積立投資は、購入時期を分散させ長期に運用することで、
短期的な価格下落リスクを低く抑えることができます。

投資ことばでいうと、
ドルコスト平均法の原理を使った投資です。

ドルコスト平均法にも長短ありますが、
長期投資を前提とすると有効な手段となります。

SBI証券

積立投資はこんな人におススメ

以上から、積立投資は次のような方に向いている投資
と言えるでしょう。

・これから投資をはじめたい
・まとまった投資資金がない
・資産の一部として組入れたい
・こどもの預金を運用したい

投資は、投資期間を長くとるほど有利です。
若いうちから老後を意識して、少額ずつでも投資することは重要です。

積立投資の注意事項

いくつか気を付けたいポイントを書きました。
・積立投資ができない投資信託もある
・証券会社によって販売銘柄や手数料が異なる
・販売手数料や信託報酬が高いものは避ける
 (ノーロードのインデックスファンドは安い)
・償還期限がある投資信託がある
・毎月分配型は積立投資には向いていない(と思います)

実際に投資する場合は、よく検討のうえ実施して下さい。

積立投資についての関連記事
本格化する人口減少と高齢化
投資をはじめる前のチェック
円建て資産の運用例

スポンサーリンク

ページの先頭へ

海外分散投資で資産を増やす方法トップへ

 
関連サイト / 子育て費用の目安と資金対策
Copyright © 2014 海外分散投資で資産を増やす方法 All Rights Reserved.