IAU 【iShares Gold Trust】

    

ティッカー:IAU
名称:iShares Gold Trust
カテゴリ:コモディティ
レバレッジ:なし
対象指数:LBMA金価格
上場取引所:NYSE Arca
売買単位:1口
設定日:2005年1月21日
運用会社:ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ
決算:1年
経費率:0.25%

目   次
1.ファンド概要
2.IAUの使い方

スポンサーリンク



ファンド概要

IAUは、金地金価格の変動に連動するパフォーマンスを目指すトラスト(通常のETFとは異なる)です。現物保有あります。

IAUの使い方

IAUは、金価格連動の上場投資信託(正式にはTrust)で、現物金の裏付けをもつ証券が投資対象になります。

株式や債券と異なり、貴金属である金は配当金や分配金を生みません。投信には経費が掛かるので、金価格がそれ以上に値上がりしなければ利益を得ることはできません。

一方、金や銀などの貴金属は昔から希少価値があるため通貨として、あるいは通貨の裏付けとして利用されてきました。

物に対して通貨の価値が下がるインフレ時においては、インフレヘッジの資産として昔から重宝されています。

金価格は株価指数と異なる大きなローテーションで動くことが多く、株価指数とは値動きが異なります。米国の代表的な株価指数であるダウ平均株価やS&P500指数などと比べるとよくわかります。

2007年の米国サブプライム問題、2008年のリーマンショックと世界の株価が下がり続けるなか、金価格は2001年~2012年まで上昇を続けました。

経済や金融の危機になると金が見直されるのです。よって株価指数や債券と異なる値動きをする投資対象として資産の一部に組み入れることは検討に値します。

購入時期を分散させ長期に運用する積立投資によって短期的な価格下落リスクを低く抑えることもできます。

IAUを毎月定額で購入することで、金の積立投資が可能になります。

IAUの積立投資の留意点としては、
・ETFは1口単位での取引であるので定額ちょうどは買えません。
・ETFは売買手数料がかかります。米国証券口座は手数料が安いです。
・自動積立はできません。
・ドル建てで取引するので、都度為替の影響を受けることはありません。

ETFの積立投資について詳しくは、コチラ ➡ インタラクティブブローカーズだから出来る低コストのドル建てETFを使った積立投資の方法

 

このページの関連記事

米国市場の国・地域別ETF一覧表
セクター別ETF一覧表
収益タイプ別ETF一覧表
日本と米国の証券会社比較

スポンサーリンク

ページの先頭へ

海外分散投資で資産を増やす方法トップへ

 

クリック応援お願いします!記事を書く励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ 国際分散投資へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 
関連サイト / 子育て費用の目安と資金対策
Copyright © 2014 海外分散投資で資産を増やす方法 All Rights Reserved.