インタラクティブ・ブローカーズでの取引方法

    

インタラクティブ・ブローカーズ Interactive Brokers(IB)は、米NASDAQ上場の世界的大手証券会社で、日本に居ながら米国市場で取引できる証券会社として、当サイトイチオシの米国オンライン証券会社です。

インタラクティブ・ブローカーズには、次のメリットがあります。
・日本に居ながら口座開設できる。
・米国証券会社なので米国市場の全ての銘柄を取引きできる。
・取扱い通貨が豊富。為替取引も格安。
・取引手数料が格安。米国証券会社の中でもダントツの安さ。
・取引機能が多彩。IFDONE注文やOCO注文、IFDONEOCO注文も可能。
・日本語HPがある。日本にも窓口あり、日本語で問合せできる。
・経営基盤のしっかりした世界的大手証券会社
・はじめ操作は少し難しいが、練習用の口座がある。

以上に加えて、日本の金融行政の影響を受けない海外金融機関に資金を分散させることは、万が一日本の財政破綻や国債暴落が発生した場合のリスク回避になるでしょう。

むかしは海外金融機関の活用は富裕層だけが行うものでしたが、インターネットの普及とグローバル化で容易に海外金融機関を活用できるようになりました。

近頃は日本の証券会社においても、米国株や米国ETFをドル建てで取引きできるようになってきましたが、取扱い銘柄数の多さ、取引手数料の安さ という点で、米国証券会社には遠く及びません。

でもインタラクティブブローカーズは取引の操作が難しいんじゃないの?

スポンサーリンク

インタラクティブ・ブローカーズの基本情報は、コチラ ➡ インタラクティブ・ブローカーズ

インタラクティブ・ブローカーズの日本語サイトはこちら

IBにおける米国株・ETF取引きまでの流れ

口座開設と入金(10,000米ドルあるいは1,000,000円以上必要)が完了後、IBのサイトからログイン・取引できるようになります。

ログインはIBのサイトより、
・アカウント・マネジメント
・トレーダース・ワーク・ステーション(TWS)
のいずれからもログインできます。

TWSは取引するためのJAVAをつかったトレードシステムです。TWSはIBのサイトからはじめにインストールします。

アカウント・マネジメントではおもに、レポート、入出金、口座設定、セキュリティなど口座全体に関する設定・管理を行います。

TWSでは、取引情報・取引ツールを使い取引を行います。したがって株・ETFや為替の取引は、TWSにておこなうことになります。

モバイルやHTMLベースのウェブトレードも可能ですが、ここではTWSを利用した取引について記載します。

TWSの画面はエクセルのような表形式のフォームに、株もETFも為替も1品1行で表されています。売り買いの注文もこの表から行います。

IBtable

これが他の証券口座とは大きく異なる表示・操作であるため、はじめは非常に戸惑います。慣れるのには少し練習が必要です。

練習用としてペーパー・トレーディング口座が準備されていますので、最初は必ず同口座で練習して下さい。

慣れてくるとTWSによる取引は、非常に便利でスピーディになります。

なおIBのサイトに日本語版ユーザーガイドがあります。
IBサイトのIB クイックユーザーガイド

ほかにもビデオによる説明などもありますが英語です。日本語対応が急ピッチで進んでいますが、英語の説明しかないものもまだ多くあります。通常の取引をおこなう上ではあまり支障のない程度になっています。

スポンサーリンク

為替取引

IBでは基準通貨を決める必要があり、日本円や米ドルを選択することができます。

これは取引や証拠金の計算に使用されますが、通貨を分散させ米国市場でドル建てで資産を増やす場合は米ドル管理の方がよいと思います。

米国市場で米国株や米国ETFを取引する場合は米ドルでの売買になります。IBでは日本円での入金、米ドルでの入金が可能です。

米ドルにて入金した場合は為替取引は不要ですが、日本円で入金した場合は為替取引が必要になります。

この場合、
・日本円を担保に米ドルのFXポジション(IDEALPRO)
・日本円を米ドルに両替をする(FXCONV)
方法があります。

TWSの左上のコントラクトにUSD.JPYを入力します。先(USD)が買い通貨、後(JPY)が売り通貨です。

IBtable2

その他の詳細は、IBの説明書に記載されています。十分にペーパー・トレーディング口座で練習を行ったうえで取引を行います。

インタラクティブ・ブローカーズ 通貨の両替方法へ

TWSでの注文方法

ここでは、実際にTWSで取引する場合のポイントを記載します。

TWSの左上のコントラクトにティッカーを入力して、銘柄を特定します。

IBtable

注文の種類としておもに、
LMT 指値
MKT 成行
STP ストップ を使います。

注文後に付加注文(ブランケット注文)をおこなうことによりIFDONE注文やOCO注文、IFDONEOCO注文も簡単にできます。

例えば、現在値$49の銘柄を、$45で指値注文、成約したら$50で売り、$42でストップ売りの注文を行う場合では、

まず$45で指値(LIM)注文します。発注後その行の上で右クリックすると付加注文を選べます。付加注文を選択すると指値とストップの行が表示されるので、$50の指値売り(LIT)と$42のストップ売り(STP)の売りをそれぞれ発注すると完了です。

また、STP LIT ストップリミット
TRAIR LIT トレイル イフ タッチド
など様々な注文がありますが、長期分散投資ではほとんど使いません。

短期トレードを行う方は、IBのサイトで使用する注文方法を確認の上、十分にペーパー・トレーディング口座で練習を行ったうえで取引を行って下さい。

またIBは手数料が安いので、米国株や米国ETFの積立投資をするにも最適です。

IBを活用したETF積立については、コチラ ➡ インタラクティブブローカーズだから出来る低コストのドル建てETFを使った積立投資の方法

(2016年6月)

このページの関連記事

インタラクティブ・ブローカーズ
日本と米国の証券会社比較
証券会社と銀行の組合せ
海外証券会社の入出金
なぜ米国市場・ETF・海外口座なの?

スポンサーリンク

ページの先頭へ

海外分散投資で資産を増やす方法トップへ

 

クリック応援お願いします!記事を書く励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ 国際分散投資へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 
関連サイト / 子育て費用の目安と資金対策
Copyright © 2014 海外分散投資で資産を増やす方法 All Rights Reserved.