海外分散投資に使える低コストの米国市場のドル建てETFの銘柄を選ぶ方法

    eyefig-22

米国市場上場のETFは、海外分散投資を行うために低コストで、米ドル建てで、効率的に投資するためにもっとも有効な投資対象です。

米国市場の米ドル建てのETFは、
・米ドル建てで取引でき、資産価格と円為替レートを切り離して売買できる
・米国市場には多種多様のETFが上場され、ここから世界に投資できる
・ベンチマークに忠実に連動し、透明性が高くて選びやすい
・信託報酬など運用コストが安い
・リアルタイムで多彩な取引が可能

詳しくは、ETFと投資信託と株式の比較を参照下さい.

取引コストとして株式同様の売買手数料がかかりますが、インタラクティブ・ブローカーズファーストレード証券など米国の証券会社を使うことで、手数料は安くなります。

とはいえ米国市場上場のETFは、ETNも含むと1,500銘柄以上あり、今なお増えています。

これだけの中から、実際に投資する対象のETFを決めるのはひと苦労です。

しかし長期運用を行うためには、あとあと困らないように、事前にしっかりした調査をしておくことが大事です。

数多くある米国市場のETFの銘柄から、いったいどのように選べばよいのでしょうか?

スポンサーリンク

海外分散投資に向いているETFとは?

ズバリ海外分散投資に向いているETFは、低コストと組み合わせです。

ETFにおけるコストは運用成績を悪化させるものであり、長期運用ではこのコスト差はばかになりません。

同じベンチマークに連動した幾つかのETFでもコストの違いはあります。その中でも低コストのETFを選ぶことが有利です。

詳しくは、Morningstarを使ってアメリカ市場のドル建てETF銘柄を調べる方法 を参照下さい。

ETFのコストには、大きくわけて売買手数料と信託報酬があります。売買手数料は、証券会社により異なります。米国証券会社であるインタラクティブ・ブローカーズを使うことで格安に取引できます。

資産カテゴリーとベンチマーク

ETFを選ぶ前に資産カテゴリーを決める必要があります。

資産カテゴリーとは、先進国株式、新興国株式、先進国債権、新興国債権、REITなどの資産の組み合わせです。

ETFはベンチマークである指数に連動しているので、ETFを選ぶということはベンチマークを選ぶことでもあります。

ベンチマークの例として、
先進国株式のMSCI World Index
新興国株式ののMSCI Emerging Markets Index

しかし、米国ETFは上場数も多く、ベンチマークとなる指標も数多く存在します。

唯一のベンチマークを選ぶということではなく、ベンチマークとコストをにらみ、銘柄を組み合わせることが重要です。

Morningstarを使って、銘柄を資産カテゴリー毎にならべピックアップします。

詳しくは、Morningstarを使ってアメリカ市場のドル建てETF銘柄を調べる方法 を参照下さい。

スポンサーリンク

米国ETFの銘柄をピックアップ

実際に米国ETFの銘柄をピックアップします。Morningstarを使ってピックアップしました。

カテゴ
リー
ティッ
カー
名称
(ベンチマーク)
信託
報酬
全世界
株式
VT Vanguard Total World Stock Index Fund ETF Shares
(FTSE Global All Cap Index)
0.14%
ACWI iShares MSCI ACWI
(MSCI ACWI -All Country World Index-)
0.33%
先進国
株式
URTH iShares MSCI World
(MSCI World Index)
0.24%
米国
株式
SPY SPDR S&P 500 ETF
(S&P 500)
0.09%
新興国
株式
VWO Vanguard FTSE Emerging Markets ETF
(FTSE Emerging Markets All Cap China A Inclusion Index)
0.15%
EEM iShares MSCI Emerging Markets
(MSCI Emerging Markets Index)
0.69%
先進国
債権
BND
米国
Vanguard Total Bond Market ETF
(Spliced Barclays U.S. Aggregate Float Adjusted Index)
0.06%
BNDX
除く米国
Vanguard Total International Bond ETF
(Barclays Global Aggregate ex-USD Float Adjusted RIC Capped Index Hedged)
0.15%
新興国
債権
VWOB Vanguard Emerging Markets Govt Bd ETF
(Barclays USD Emerging Markets Government RIC Capped Index)
0.34%
EMB iShares JPMorgan USD Emerg Markets Bond
(J.P. Morgan EMBI Global Core Index)
0.4%
ハイイールド債 JNK
先進国
SPDR Barclays High Yield Bond ETF
(Barclays High Yield Very Liquid Index)
0.4%
EMHY
新興国
iShares Emerging Markets High Yield Bond
(Morningstar Emerging Markets High Yield Bond Index)
0.5%
REIT VNQ
米国
Vanguard REIT ETF
(MSCI US REIT Index)
0.12%
VNQI
除く米国
Vanguard Global ex-U.S. Real Estate ETF
(S&P Global ex U.S. Property Index)
0.18%

MSCIは、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナルの略です。MSCIの他にもS&P、FTSEなどのブランドがあり、類似の指数も多くあります。

銘柄を選ぶ

信託報酬が安い銘柄を選び、組み合わせると次のようになりました。

ETF選択の一例

カテゴ
リー
ティッ
カー
名称
(ベンチマーク)
信託
報酬
先進国株式 SPY SPDR S&P 500 ETF
(S&P 500)
0.09%
新興国株式 VWO Vanguard FTSE Emerging Markets ETF
(FTSE Emerging Markets All Cap China A Inclusion Index)
0.15%
先進国債権 BND Vanguard Total Bond Market ETF
(Spliced Barclays U.S. Aggregate Float Adjusted Index)
0.06%
新興国債権 VWOB Vanguard Emerging Markets Govt Bd ETF
(Barclays USD Emerging Markets Government RIC Capped Index)
0.34%
REIT VNQ Vanguard REIT ETF
(MSCI US REIT Index)
0.12%

先進国の中でも米国が半分以上のウェイトを占めます。上記の例では、先進国の資産カテゴリーとして米国の銘柄を選んでいます。

全世界株式は、先進国株式と新興国株式がどちらも含まれていますが、のちのちのポートフォリオ運用を考慮すると、先進国株と新興国株は分けておく方がよいでしょう。

このページについての関連記事
米国ETF個別銘柄情報
ドル建て資産の運用例
日本と米国の証券会社比較

スポンサーリンク

ページの先頭へ

海外分散投資で資産を増やす方法トップへ

 
関連サイト / 子育て費用の目安と資金対策
Copyright © 2014 海外分散投資で資産を増やす方法 All Rights Reserved.